永井旅路

大学生活

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

中日本レガッタ

毎年総体予選の前哨戦となるような大会でいろんな県から強豪校がやってきます
ネットで母校の結果をチェックしました

女子ダブルだけ結果出せてました 敗復から決勝まで行くとは
とはいうものの愛知では6秒差で2位
ただこれは総体予選まで死ぬ気で練習すれば逆転できる範囲
自分達はこの大会で愛知1位の高校と7秒差があったのだから敗復ぎりぎりだった屈辱的な大会でしたなにより個人的に漕手に一番迷惑かけた大会嫌な思い出です笑
結果はショックだったけど、切り換えは早かった
やる気さえあれば、あとは山口先生についていくだけ
思い出しますなぁ自分もこの時期は総体予選の事を考えると眠れなかった
いつも布団の中でイメージトレーニングしていたなぁ残り1ヶ月どういう形で漕手を奮起させようか、どういう追い込ませ方をしようか
受験勉強はなんですかそれ笑
うまくいかなくて悩んでる時に山口先生に相談したら吹っ切れました
先生の助けがなかったら総体は出られなかったのは明らかですなぁ
県内の強豪校の女子にもタイムで負けるような、負け慣れて落ち零れたチームをたった1年でここまで再生させた先生にはホント脱帽です
先生が教えてくれた名言「一艇ありて一人なし」
真意は未だにわからないなぁみんなはもう分かったのかな
いつか分かるといいな

総体出場が決まった瞬間は最高に嬉しかったたった3分のためにここまでやってきてホントよかったと思った
嬉しすぎると人間涙出ないんだなと
総体予選の予選は2秒差で負けてたけど、なぜか決勝は負ける気がしなかったなぁ
努力は俺達に嘘つくはずはないと思いました
泣いて勝つより勝って泣け

本番勝てば嫌な思い出も笑い話になります








回想に浸りすぎたー
懐かしさMAXだわ
ホントあの頃はよかった
スポンサーサイト
  1. 2009/05/22(金) 18:26:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<やほ | ホーム | うぁぁ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hokuro1102.blog6.fc2.com/tb.php/204-142a18d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。